自衛隊向けこころの病改善法

 

もし1つでも心当たりがあるのなら、あなたやその周りの人はこころの病である可能性があります。
こころの病はたくさんの種類がありますが
 

 
ほとんどの場合、早期に治療を受けることで治ったり、改善、寛解することが多いのです。
逆に放置するとどんどん症状が悪化し取り返しのつかないことにもなりかねません。
 
そうなる前に、このページを少しの時間で構いませんので読み進めて下さい。
あなたや、あなたが心配している人を助けるためにどうすればいいかをお教えします。

 

 
 

あなたに質問です。 
こころの病とはどんな病気か知ってますか?
 
実は・・・
 
こころの病(精神疾患)により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しています。
 
内訳としては、多いものから、うつ病、統合失調症、不安障害、認知症などとなっています。
 
近年においては、うつ病や認知症などの著しい増加がみられます。 
 
 
こころの病というのは症状の違いや程度により差があるかもしれませんが、非常につらいものです。
 
 
身体的な病であれば、周りからの理解も得やすいのですが、こころの病は本人のこころの中に多くの症状があらわれます。
そのため、周りから誤解もされやすく
「あいつは怠けている」
「心が弱いからそんなことになるんだ」
「根性が足りない」
など、こころない言葉を浴びせられたりすることもあります。
 

 
しかし、こころの病は本人の気の持ちようで病状が回復するものではなく、治療が必要なれっきとした病気なのです。
 
そして正しく治療を受ければ、ほとんどの場合症状が改善、寛解するものなのです。 

 


 
 

きちんと治療を受ければ改善する見込みがあるのに、多くのこころの病に苦しんでいる人たちは正しい治療を受けられていません。
 

その理由としては
 
・本人に病識(病気であるという自覚)がない 
・本人がこころの病であることを認めたがらない
・本人が病院に行くのを嫌がる
・周りの人間にこころの病についての知識、理解がない
 
などがあります。
本人が病気であることを認めたがらず、そのため病院に行くことや服薬を嫌がり、周りの人間にもこころの病についての知識や理解がないため、
 
なかなか正しい治療にむすびつけられないというケースが多いようです。
 
「そのうちよくなるだろう」
「病院に行くほどでもないだろう」
と、放置しがちになってしまうのですが、これは非常に危険です。
こころの病は放っておいてよくなることはありません。
むしろどんどん悪化していきます。
 
そうなると本人がツライのはもちろんのこと、家族や周りにいる人も非常に苦しむことになります。
 
本人や家族がその苦しみに耐え切れず自殺してしまう、という悲しいことも現実におこってしまっているのです。
 
 

 

※既遂とは、すでになし終わっていること。 
 
うつ病等の気分障害患者の医療機関への受診率が低いことから早期発見(早期に気づき) 専門的な医療機関にかかることができるようにすることが大切で
 
こころの病は絶対に放置してはいけません。

 


 

こころの病を放置し、本人や周りの人が苦しむことのないよう、こころの病についての正しい知識を得ることが大切です。
そして、こころの病の兆候を知り、その兆候がどんな病気の可能性があるのかを知ることで正しい対策 をとることができ、早期治療へむすびつけることができるのです。
 

 
あなたは最近心の悩みはありませんか?
あなたの周りで最近ちょっと変だな、と思う人はいませんか?
 
病院に連れて行こうとしてもなかなか言うことを聞いてくれない人はいませんか?

 


本書では、こころの病についての正しい知識やこころの病の兆候、該当する病、
そして病院に行きたがらない人病院に連れて行く方法を紹介しています。 
 

 
本書で紹介している正しいこころの病の知識を学び、こころの病の兆候や病院に連れて行く方法を学ぶことで
早期治療にむすびつけることができ、症状を改善することができるでしょう。
 

 

 
 
 
あなたが本書を手に取ることにより、こんな素敵な未来が待っているでしょう。
 
心配していた大切な人を病院に連れて行けます
 
 

 
 
今まで悩んでいた症状から解放されます
 
 

 
 
正しい治療により普通の日常生活を送れるようになります
 
 

 
 
どこにでも気にせず出かけられるようになります
 
 

 
 
不安や恐怖から解放されます
 
 

 
 
安心して眠れるようになります
 
 

 
 
心配していた症状を改善することができます
 
 

 

※画像はイメージです

ダウロード版PDF55ページ

※本商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。

 

効果には個人差があります。

 

 
 

 

※画像はイメージです

■国産 完全オリジナル!

■ダウンロード版PDF45ページ

※本編と一緒に

  ダウンロードにてご提供致します。

商品紹介はこちらをクリック

 

 

※画像はイメージです

 

■国産 完全オリジナル! 

■ダウンロード版PDF52ページ

※本編と一緒に

  ダウンロードにてご提供致します。

商品紹介はこちらをクリック

 

 

※画像はイメージです

 

■国産 完全オリジナル! 

■ダウンロード版PDF51ページ

※本編と一緒に

  ダウンロードにてご提供致します。

商品紹介はこちらをクリック

 

 

※画像はイメージです

 

■国産 完全オリジナル! 

■ダウンロード版PDF70ページ

※本編と一緒に

  ダウンロードにてご提供致します。

商品紹介はこちらをクリック

 

 

 
 

こころの病は、正しく治療すれば改善する見込みが大きいのにも関わらず、多くの人が治療を受けず苦しんでいます。
その原因の一端は、こころの病の知識や理解が無いことです。 あなたの周りを見渡してみてください。
 
あなたの家族、友人、親戚、知人、職場の人、近所の人で様子が変だなと思う人はいませんか? 
 
あなたの大切な人に変だなと思うことはありませんか?
もし少しでも心当たりがあれば、それをそのままにしないで下さい。
 
こころの病についての正しい知識を得て、その心当たりがこころの病の可能性があるかどうかを判断できるようになってください。
 
 

そして、もしこころの病の可能性があればすぐに病院で正しい治療受けられるように努力する必要があるのです。

あなたがおかしい、変だと思っている症状は正しい治療を受けさえすれば改善される可能性高いんです。
 
 

 
もし、あなた自身やあなたの大切な人にこころの病の心当たりがあるのであれば、今すぐ本書を手に取って行動にうつしてください。
 
これは決して後回しにしてはいけないことです。
 

※画像はイメージです

ダウロード版PDF55ページ

※本商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。

効果には個人差があります。

 


 

自衛隊防衛情報誌「おやばと」に掲載されました。H30年5月7面

自衛隊向けこころの病改善法

夜、よく眠れない、または眠ってばかりいる

些細なことで落ち込み、そこから中々抜け出せない

全身がだるく、何もする気がおきない

不安でたまらない

少しの事でカッとなり暴力をふるうこともある

常に沈んだ気分で暗い表情になってしまう

拒食または過食してしまう

最近、対人関係が苦手になった

異常なくらい潔癖

最近もの忘れが激しい「

怒りっぽくなった

身体が不調で病院で検査したのに異常が見つからない

自分は誰かから嫌がらせをされていると思う

周りにこころの病で心配な人がいるが、どうやって病院に連れて行けばいいか分からない

つらく、誤解されやすいこころの病

精神疾患の患者数は近年大幅に増加

うつ病や認知症などの著しい増加がみられる

治療が必要なれっきとした病気

正しく治療を受ければ、ほとんどの場合症状が改善、寛解する

放置すると怖い心の病

本人に病識(病気であるという自覚)がない

本人がこころの病であることを認めたがらない

本人が病院に行くのを嫌がる

周りの人間にこころの病についての知識、理解がない

なかなか正しい治療にむすびつけられないというケースが多い

本人や家族がその苦しみに耐え切れず自殺という悲しいことも現実に起こっている

自殺既遂者における精神疾患の存在

こころの病は絶対に放置してはいけません

こころの病の兆候を知り早期治療

正しい知識を得ることが大切

正しい対策 をとることで早期治療へむすびつけることができる

放置せず先延ばしにしないことで

心配していた大切な人を病院に連れて行けます

今まで悩んでいた症状から解放されます

正しい治療により普通の日常生活を送れるようになります

どこにでも気にせず出かけられるようになります

不安や恐怖から解放されます

安心して眠れるようになります

心配していた症状を改善することができます

電子書籍「こころの病改善法」

自衛隊員は自衛隊に入隊しますと、親元を即離れ、自衛隊の中で寝食を共にした隊内生活を送ります

育った環境の違いから人間関係の摩擦が生じ、本人にとっては深刻な悩みで鬱に陥る者も多いと聞いております

自衛隊向けこころの病改善法は、自衛隊員の心の病改善策としてお役立ていただけます!